抜きのあるなし

先日こちらのメンエスはどんな感じなんだろうと思って。とあるお店にふっと行ってみました。

あまり上手ではなかったけれど、一生懸命にしてくれてたので、まあ良いかな?と思ってたのですが。当たり前のように抜きありだったので驚きました。

一生懸命な感じもあったので、少し悲しい気持ちになりました。

お店の方針なのかそうでないのか🤔。善意でしているのか?、それが当たり前なのか🤔。

そうじゃないとはやらないのか?、いろいろ考えさせられました。

何らかの事情があるのかそれはわからないけれど、僕は基本的にえっちな事は風俗の分野だと思ってるので。メンズエステ でやるべきではない。との立場です。それが原因ではないけれど、僕はお店を閉めたけれど。そのお店は営業している。そう言う事なのか🤔。

そう言う事はやらずに、営業を継続する。と言うのが僕の目標だったので、閉めたこと自体は残念ではあるけれど致し方ないのか。とは思っていますし。

女の子をいじめてまでも継続したい気持ちもなかったので。一見そうでないようなお店が女の子に失礼な態度をとりつつ、営業を続けているのを見ると「何だかな」と言う気持ちにもなりますが。

それが僕自身の決めた事だから、やはりしょうがない🤔。

都会で、人が多いだけにそう言った違法化。と言うようなものは進んでいるのかもしれないですしね。

僕は何度も書いているけれど、メンズエステでそう言う事をすると、普通のアロマトリートメントで得られるはずの癒しとは違うものになると思ってるんですよね。それは僕にとっては自明の理だったけれど、世間一般には分かりにくいものなのかもしれない。

えっちなことで得られる癒しも、もちろんあるけれど。それが欲しいなら風俗に行けばいいことだし。右手でもいいわけだしね。簡単に手に入れたいがために、お手軽な方に流れる事は本当に欲しいものが手に入らなくなってしまう。と言う事じゃないのか?。

以前少し不安に思っていたことがあるのだけど、それは田舎だからきちんとしたトリートメントを提供できるのが難しいのか?、都会のレベルは高いのか?。

と言う事だったけれど、そう言う問題じゃないんだな🤔、と言う気もする。

いろいろ、経験してみないとな🤔。いずれ名古屋や大阪にも行ってみたいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

メンズエステ店の運営をしておりましたが、今は一スタッフとしてやれることをしています。今できることを頑張るしかないよね。

コメント

コメントする

目次
閉じる