需要と供給の差

僕は基本的にメンズエステには”いわゆる”癒しを求めていて、以前から”違法な”メンズエステには「懐疑的」でした。

まあ、だからと言って、”セクシー”なメンエスを否定するものではなくて(今はね)、それぞれの形態に応じてそれぞれを求める顧客が”付く”のだろう。とは思っています。

僕自身は、幸運による偶然により”女性による”癒しで僕自身を立て直した経験があるので、”必然”と言っていいほどの”理由”があるのですが。

まあ、ぶっちゃけ、そこまで追い詰められている方がいるのか?。というと、まあ、そうではないのでしょう🤔。

ある程度の範囲内で、それぞれの施術で”癒し”を得られることは、風俗で”癒し”を得られる方々が多いことでもまあ、明白なのではないかと。

そこを区分けるものは(僕としては)明白かな?。とは思うのですが全ての方に聞いたわけではないので断言はできません。

閑話休題

僕自身このブログでも何度か書いていますが、差し迫った”癒し”への欲求というのはご本人が認識しているかどうかも含め、それほどの割合ではないのかもしれません。

それでも、世間のどこかには”癒し”を求めてそして自分自身が何を求めているのかよくわからない方々が一定数以上いるのだろう。というのが僕の考えです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

メンズエステ店の運営をしておりましたが、今は一スタッフとしてやれることをしています。今できることを頑張るしかないよね。

コメント

コメントする

目次
閉じる