福島市のメンズエステ 、ファイナルスタイル福島の公式ブログ、メンズエステ系の話題を取り扱います。セラピストさん募集中。

menu

FinalStyle-Fukushima.blog

メンズエステと風俗と当店の考え

こんばんは、ファイナル福島の田村です。

大変申し訳ございませんが、緊急事態宣言の延期を受けて当店は営業自粛を継続中でございます。早期の事態収集を願うばかりです。すべての方の安全が早くできるよう祈っています。

今日当店の店長アカウントのツイートに関して物言いがつきました。それで、少し反省いたしまして。当店の公式アカウントと、店長アカウントを分離いたしまして元店長アカウントとして運用していたものを、店長の個人アカウントとして運用していくことといたしました。

店長アカウントで性風俗関係者のツイートをするとは何事かと言うことであるようでした。違法なことをするメンズエステ店よりも合法に頑張っている真面目な風俗店が存在を許されないようなことは僕には理解できませんが、周辺の方に被害が及ぶことを考えて、上記のように分離の措置を取りました。

該当のアカウントをフォローくださっている方におきましては、いつ何時フォローを解除していただいても結構ですので、万が一不愉快なことがあれば是非そうしていただけるとありがたいと思う次第です。

当店は風俗営業許可を取っていない、アロマリラクゼーションサロンでして当店に置いて性的サービスを提供することは一切ございませんし、その気もございません。お客様に癒しを提供したい、と言うのが当店の存在意義ですがそれがセラピストさんの犠牲の上に成り立ってはいけないと言うのが基本的な考えです。

ですから、お客様にも相応の紳士的な対応を求めますし、万が一の場合にはご予約をお受けできない場合もあるかもしれません。

僕は、アロマトリートメントが好きですし、深い癒しによって精神的、肉体的にとてもいい影響があるのは身をもって体験してますので、それを総合的に提供したいと考えています。自分自身でも当店に置いて、そのようなトリートメントあるいは施術を提供したらいいのか?と言うことは毎日考えていますが、最終的な結論はまだ出ていません。

あるいはそれはいつまでも出ない類の答えなのかもしれませんが、少なくとも僕は自分自身が完全に満足したトリートメントはまだ体験したことがありませんので、最低僕が満足できるようなトリートメントを提供できるように努力していきたいと思っています。

では、風俗はどうなのだ?と言うことですが、受付も接客も適当でいやらしく性的サービスだけ提供すればいいだろう。と言うのはもはや過去のものだと感じていて、そう言うお店は今でもたくさんありますが、もう昔のようにはお客様も満足しなくなってきているものと感じます。

現実に若い世代の風俗離れというのは進んでいて、かなりの割合の若者は風俗を見限っていると言っていいかと思います。

それでも新しい世代の風俗店は真剣に接客や施術などを研究していて、癒しの提供という点でも相当なものだというのが僕の考えです。多分、まともな風俗店がもつ危機感はメンズエステ業界以上と思われ、一部では相当に先鋭化しているという感じがします。

先鋭化とは言っても風俗業界としては、ということで以前ツイートもしましたが、
・きちんとした受付。
・きちんとした接客。
・レベルの高い施術。
きちんとサービスを提供してきちんとお金をいただこうという気持ち。それは素晴らしいものがあると感じました。少なくとも近隣の地区では相当にレベルの高い風俗店があって、そこの地区のメンズエステ店の9割以上は施術でも叶わないものがあると感じ、それがとても悔しいです。

少なくともいいところは取り入れ、いらない部分は多くのメンズエステ店で採用していても排除する。そういう考えでなくては続けていけなくなる恐怖を感じます。

それでは、お前は風俗店がやりたいのか?。という疑問をお持ちの方がいるかどうかわかりませんが、それは全く違うと言っておきます。

当店は女性も受付したい考えですから、メンズエステ 店を名乗ってはいませんが、僕はメンズエステが好きなのです。風俗がやりたいわけではないのです。

その二つは全然違うと思っています。でも、その違いを考えることで何がメンズエステ に必要なのか?、何が要らないのか考える材料になると思っています。メンズエステの良い所を考えるのに、風俗との違いを考えるのはとても有効です。

風俗を単純に嫌う人がいるのは仕方ないかもしれません。でもメンズエステ業界もかなりの割合の方にそう思われているのです。僕はどちらもそうならないことを望みますがすぐには難しいかもしれません。

例えそれが風俗業界の人間であろうとなかろうと、真面目に頑張っている人間を応援することをやめることはないだろうと思います。そういう人を否定することは自分を否定することと同じだと思います。

コロナ問題が長引くにつれて以前とは違うツイートをする方が増えてきました。僕自身精神的に不安定になることもあります。でも、このような条件下でまともな人間を無条件に否定したら、僕の生きていく理由がなくなってしまいます。

僕はバカですが、人間でいたいと思います。

0

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031