今後の行く末は

こんばんは、ファイナルスタイル 福島店の田村です。

 

唐突なことを書きますが、頭がおかしくなったわけではありません。いつも考えていたことではありますが、今度言ってみれば独立してファイナルスタイル福島店を始めるわけですからこれまで以上に自分自身の問題となってくることではあります。

 

日本は過去に大変な経済成長を遂げて来たわけです、比較的近い過去にはバブル景気などと言われた事態もあって今でも言葉ではすぐにでも景気が良くなる様なことを言う方もおられる様です。この先は全く僕自身の個人的意見ですのである程度割り引いて聴いて欲しいとは思うのですが、今後しばらくは(ずっと)景気は緩やかに下がってゆくのではないでしょうか?。

 

僕が住んでいるのは東北の田舎でもあるし、東日本大震災の被害を受け、原発事故の影響もありそう言った事がより身近に感じられると言うこともあります。若い人たちが少なくなっていき、年寄りばかり残る。仕事も少なく、あっても単価の安い仕事ばかり。

 

ここだけの話ではなく、東北、北海道などを歩き回ってもそう印象に変化はありません。東京への一極集中を避けようとする動きもなくは無いですが現実的にはさらに加速する動きしかない様に思えます。結果、田舎には若者がいなくなり、東京は集中による弊害ばかりが目立つ様になっていき最終的には都会の良さを弊害が上回って行く様になるのかもしれません。

 

だから困った、大変だ。と言う話ではありません。今後緩やかに景気は下がっていく傾向であるだろうから、分をわきまえて過度な贅沢をせずに少し慎ましやかではあっても人間らしく楽しく生きていこうではないかと言う提案です。

 

提案ではありますが、結果的にそうなるしかないだろうと言う予想でもあります。いくら景気が悪くなろうとも日本はまだまだ世界から見ればまだましな国なのです。多少収入が少なくなろうとも楽しくない毎日を送るよりは、楽しく生きたほうがいいではないかと思います。贅沢ができないだけで、生きるのに困る様な事態にはなかなかならないだろうと言う予想でもあります。

 

 

僕の仕事近辺では、おそらくメンズエステ 業界、風俗業界は今後きちんとした考えでサービスを提供できない業者は淘汰されていくだろうと思うのです、だんだんと良くない方向にズレて行きがちな業界ではありますがきちんとしたサービスを提供する業者も少しずつ増えている様な気配がします。そう言う業者が増えて来つつある状況で適当なお客様対応しかできない様な業者がいつまでも従来の様にやっていけるとは思えないのです。

 

平均的に事態が進行するとは限らないので、一部には不均衡のため軋轢が生じるかもしれませんし、混乱が生じることもあるでしょう。でも全体的にはその様な進行になるのではないかと思っています。

 

メンズエステ の需要がなくなることはないと思います、今後混乱が多くなればさらに需要が増えることさえあるはずです。もっと一般的な存在になり、あるいはさらに重要な役割を担うことさえあるかもしれません。場合によってはお客様の健康管理やカウンセリング的な部分を担うことさえあるかもしれません。ただそう言う場合さらに勉強や、あるいは資格などがいることになったりしていまなどより面倒なことになるかもしれません。

 

いずれにしろ周りをよく見て常に本気でやっていかなければいけないだろうとは覚悟しています。より良い未来が来るといいですね。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

メンズエステ店の運営をしておりましたが、今は一スタッフとしてやれることをしています。今できることを頑張るしかないよね。

コメント

コメントする

目次
閉じる