男はもっと弱くても良い

男は強くなければならない、そういう風潮は昔からあるし今でも基本的には同じだろうと思う。

 

男は強く、女性を守って外で戦う存在。まあ、本当ならそれが理想なのかも、でもいつも理想と現実はちがう。

 

男は強い、肉体的には。それが女性をいじめるためのものだったら。強い意味ってなんだろう。

 

メンズエステとか風俗の世界では、今日も男に虐められる女性に満ち溢れている。「やらしてよ」「いかせてよ」。それが強い男の言う事だろうか?。

 

ましてや力ずくで、となったら。それが男の本能だから当たり前だと、誰の前でも言えるのだろうか?、目の前にか弱い女性しかいないと思って。好き勝手なことを言うのだろうか?。

力ずくで女性に怖い思いをさせて、それで女性に甘えているつもりだろうか?

 

それが男の強さなのか?、

 

そのような恥ずかしいことをするなら、男は別に強くある必要などない。男が弱くても何も困らないじゃないか?、少なくとも現代に於いては。

 

 

女性も無罪であるとは言えないかもしれない、今日は頭にくる親父が来てさー。あーむかつく、頭にくる。

 

無差別に男性を攻撃してあなたにうるものがあるのだろうか?。周りの男すべてに不愉快を撒き散らせばあなたの気が済むのだろうか?。それは、あなたの嫌いなおじさんとどこが違うのか?。おじさんが頭にくるから、おじさんと同じ事をしても許されるのか?。

 

女性だから責任を負わなくても良い、と言う様な決まりもどこにもない、だってめんどくさいんだもん、かったるいから。と言えば全ての責任が消えて無くなる物でもない。

 

男が強くなければいけない決まりはない。そして女性だから適当でも良いと言う決まりもない。

 

どちらも人である以上責任も義務もある。

 


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

メンズエステ店の運営をしておりましたが、今は一スタッフとしてやれることをしています。今できることを頑張るしかないよね。

コメント

コメントする

目次
閉じる