文章執筆環境その2(画像付け忘れ再アップ)

おはようございます、ファイナルスタイル 福島店の田村です。

 

こちらは、朝から曇り空で少しだけイマイチです。出かけるかそうでないか迷うところです、出かけないなら後で少し散歩に出ようと思います。

 

今回は(昨夜もそうですが)駄文です。メンズエステ とは関係ないことをだらだらと書きますので、つまらなそうならお読みにならないと言う選択もございます。

 

よろしくお願いいたします。

 

あんまり需要がなさそうだと思ったら案外みていただいた記事として、Mac の文章執筆環境のことがあります。前回書いた時にも他に書くことがなかったので書いたのですがなぜかランク入りしてしまうほどみていただきました。

 

今回はその後のお話です。特に前に書いたものを編集したい時。ウィンドウを二つ並べて編集できるといいなあ、と思ってずっと探していたのですが、なぜか全然見つかりませんでした。昔はあったのにおかしいなと思ったら。Mac は標準で OS レベルでサポートしているのですね。

 

だから普通のアプリケーションなら何も考えなくても2ウィンドウで運用できるんですね。

 

 

こんな感じですね、そんなわけで今使っているアプリケーションは CotEditor です。見た通りシンプルな感じに余計な表示はできるだけ消しています。最近は CotEditor を使うことが増えています。

 

これこそ、コンピュータ用の標準的なエディターという感じですね。みなさん DOS って知ってますか?、僕昔 DOS 上で Vz と言うエディターがすごく好きで使っていたんですが、カーソル移動が、文字単位、単語単位、段落単位で移動することができてすごく便利だったんです。

 

今は、OS の標準のキーバインド を使うことが推奨されるのでしょうから、独特のキーバインド を持つアプリは少ないですよね。

 

どなたか CotEditor で単語単位でのカーソル移動を実現できる方法をお知りの方は是非教えていただきたいと思います。

 

時間があったら自分でも調べてみたいと思っています、CotEditor はマクロも(今はスクリプトというのかな)使えるし、Mac も標準でキーバインド のカスタムができるんですからできそうな気がします、ただ単語単位、という条件を特定するのは難しい。

 

勉強するか。

 

わりと話を聞くと文章を書くのに Word を使ってるという話も聞きますが、僕の意見としては初めにだーっと大量に書く時にはエディターを使うのが好きです。ワープロを使うのはあくまでも整形して人に見栄えの良い体裁を作りたいときだけですね。

 

そして、MacOSX は昔デビューした時から標準で PDF をサポートしているんで、今僕は出先で仕事しているのでプリンターを持ってないのですが、PDF 出力してセブンイレブンのネットプリントで出力するのが普通になってます。

 

下手なプリンターを買うなら、それでも十分です(だと思います)。

 

テキストエディターの軽い使い心地と、シンプルな見た目は僕は好きです。

 

というわけで、宣言の通り駄文でございました。

 

ありがとうございます。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

メンズエステ店の運営をしておりましたが、今は一スタッフとしてやれることをしています。今できることを頑張るしかないよね。

コメント

コメントする

目次
閉じる