研修するって、当たり前じゃないのかな?

研修に行ってきました。今度はこんな講習に行ってきました!。

良いんだけど、なんか違和感があるのです。

ある意味、仕事の勉強をすることって。当たり前ですよね..お客様からお金をいただいて、サービスを提供するわけですから。お客様が施術を受けて何を感じるのか?、もう一度受けてみたい。そう思ってもらえるのが目的であって最近手段と目的の順番がわかってないんじゃないかと思うケースが増えてきているような気がします。

仕事な以上、研修することなど当たり前で。なぜ殊更にそれをアピールするのか?。

お客様に満足してもらうのが目的であって、研修を受けるのが目的じゃないですよね?。

僕の疑問としては、研修を受けに行く。それは良いのだけど、どうしてお客様の目につくところでそれを言うのか?。と言うのがすごく疑問です。自分自身で試行錯誤して段々に向上させていく方もいるわけで。

研修を受けようが、そうでなかろうが満足できれば一向に関係ないわけですよね。

本を読むこととか、映画を見に行くとか。そう言う人間性を向上させることがお客様満足度に繋がることも多いのじゃないのかな?、と思うこともしばしばです。

せめて、お客様の目につかないところで言うのが良いんじゃないでしょうか?。

逆説的に、今のメンズエステ 業界では研修プログラムがまともじゃない。と言うことになってしまいませんか?。本当にお客様を満足させようと考えているでしょうか?。

◯き店だから、過剰サービスだから。だから研修に行けば解決する。そうかな?。

アピールするポイントが違うような気がするのだけれど。

コロナとか、お客様がどうとか以前に。業界の危機のような気がします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ファイナルスタイル 福島 店長の田村です。

当店は暫定ではございますが、オープンいたしました。当面連日の営業は出来ないのですが、セラピストさんの都合がつく限り営業いたします。

コメント

コメントする

目次
閉じる